ひよっこSEのコツコツ備忘録

システム開発に携わる中で、知識として学んだことや覚えたことを書き綴っています。

Java

【Java】String型とint型の型変換

投稿日:2013年8月21日 更新日:

文字列と数値の型変換を行うことは結構あって、一度覚えてしまえば忘れることはないと思うけど念のためメモ。

まずは文字列を数値に変換する方法。

結果は300。

Integerクラスのメソッドを使用することで、int型にもInteger型にも変換することができる。

もちろん、Integer以外のByteやShortやLongといった他のラッパークラスでも同様。

 

次に、数値を文字列に変換する方法。

結果は300400と出力されます。

 

toStringメソッドを使用する方法とStringクラスのvalueOfメソッドを使用する方法があるけど、結果は同じだしどっちでもいいのかな。

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


関連記事

【Java】Fileオブジェクトから最終更新日時を取得

Fileオブジェクトから、そのファイルの最終更新日時を取得する方法。

  関連

【Java】nullか空文字のチェック(isNullOrEmpty)

文字列が「nullもしくは空文字」であることをチェックする場合、C#ではstringクラスにisNullOrEmptyという便利なメソッドが用意されていたりするけど、Javaにはそれがない。 というこ …

【Java】前後のスペースを削除(trim)

文字列の前後のスペースを削除するには、trim関数を使用する。

  ただ、trim関数で削除できるのは半角スペースのみで、全 …

【Java】ファイルダウンロード処理

サーバーに保管されているファイルをダウンロードする方法。 ダウンロード時の動作についてはレスポンスに設定する”Content-Disposition”の値次第になっていて、&# …

【Java】ファイルの存在チェック

任意のパスにファイルもしくはディレクトリが存在しているかどうかは、Fileクラスを使えば簡単にチェックできる。

関連