ひよっこSEのコツコツ備忘録

システム開発に携わる中で、知識として学んだことや覚えたことを書き綴っています。

JavaScript

【JavaScript】入力可能な文字の制御

投稿日:2013年8月4日 更新日:

テキストボックスに入力できる文字を、JavaScriptで制御する方法。

入力値検証というよりも、そもそも許可された値以外は入力できなくするイメージで、テキストボックスへの値入力時、許可していないキーが叩かれた場合は入力を受け付けなくする。

例えば、数値のみ入力可能なテキストボックスはこんな感じ。

 

テキストボックスのonkeypressイベントの中で、叩かれたキーの取得と判定を行う。

キーコード48~57が0~9に対応していて、キーコード45はハイフンに対応していて、ハイフンはマイナス値の入力可否によって設定したりしなかったり。もちろん、キーコードの指定次第で数値以外の入力制御を行うことができるので、キーコードの一覧を参考にしつつ、任意の制御が可能。

ちなみに、この入力制御では値のコピペは制御できないので、やっぱり入力値検証は別途必要。

-JavaScript
-, ,

執筆者:

関連記事

【JavaScript】文字列の置換

JavaScriptでの文字列置換は、以下構文のreplace関数を使用する。 置換結果文字列 = 置換前文字列.replace(置換対象文字列, 置換文字列); コード例はこんな感じ。   …

【JavaScript】substringとsubstrの違い

文字列を切り取る関数って言語によってsubstringだったりsubstrだったり、使い方も微妙に違っていたりで結構ややこしい。そしてJavaScriptの場合はsubstring関数とsubstr関 …

【JavaScript】カンマ編集とカンマ編集解除

金額項目等、数値のみ入力のテキストボックスに対するカンマ編集。 タイミングとしてはテキストボックスのonBlurで以下処理を行う。

& …

【JavaScript】数値チェック

JavaScriptで行う数値チェックは、isNaN関数を使用する。 isNaN関数は、引数に与えられた値が数値であればfalse、数値でなければtrueを返す。ただし、空文字や半角全角スペースの場合 …